logo   to index   BackStopNext
                                        Index      Back    Exit    Next

10. Links of Cassette (カセット関係リンク集)


2.Tapes(カセットテープメーカー)
 現行カセットテープメディアのメーカーサイト。海外サイト、通販情報等。
 各社、ラインナップの更なる縮小と海外委託生産の更なる増加の中で、ますます選択肢が厳しいこの頃ですね。
 取り敢えず、メーカー系の通販情報も随時チェックしたいと思っています。良い情報があればお寄せ下さい(^^)
 現状では、富士の踏ん張りとTDK、マクセル両巨頭の努力を称えつつ、LHクラスの復活を強〜く望むところです!!

Sonyソニー(e カタログサイト)
開発メーカーのフィリップス(蘭)にパテント公開を詰め寄って、結果カセットを世界的に普及させた立役者。
もともとは音響・通信機器メインで旧社名は東京通信工業(東通工)。"SONY"は当初ブランドネームだったが後、正式社名に。
ラテン語"sonus(音の)"+英語"sonny(坊や)"の合成語で、音響関係の若々しいメーカーである意味とか。
http://www.ecat.sony.co.jp/mediabattery/acassette/index.cfm?B2=103 ←このURLで入りにくい場合は、
http://www.ecat.sony.co.jp/  から入って、一覧の「記録メディア」〜「オーディオカセット」からジャンプして下さい。
USAサイトは既にHFの10巻パックを残すのみなのでスキップします・・・。

TDKTDK
近頃何かと巷を賑わした、世界でも指折りの磁気材料メーカー。
噂ではステルス戦闘機の電波吸収塗料の技術はここが関わっているとかいないとか(あくまでも噂)。
旧社名は東京電気化学工業。その頭文字をとってブランドネームとした"TDK"が後、正式社名に。
ここのニュースリリースは情報量が豊富なので、特に'90年代後半のカセットを調べたい向きは要チェックです。
http://www.tdk.co.jp/tjbbb01/bbb00100.htm
USAサイトは、SMシリーズといったプロ用や、高級ハイポジSAも 存命。メタルは遂に消えました(T-T)。
最近フルモデルチェンジして、パッケージデザインが渋くなりましたね。このままで日本でも売ってくれないかな。
http://www.tdk.com/recmedia/audio/index.html
TDKマーケティングWebショップ
例のUSA版SA&SA-X/国産MA-EXの通販受付はこちら。担当さんがアツい方で、文章からもそれが伝わります。漢だよ、TDKさん!!
http://www.tmac.tdk.co.jp/webshop/index.htm

maxell日立マクセル
TDKと共に磁気テープ界の双璧と称えられるこれまた世界有数の磁気材料・電池メーカー。
ブランドの"maxell"が"Maximum Capacity Dry Cell(最高の性能 を持った乾電池)"に由来するだけに、本来は日立系列の電池メーカー。
旧社名は日東電気工業、というかそこから電池・磁気材料部門が独立したのが始まり。
http://www.maxell.co.jp/products/consumer/audiotape/index.html
USAサイトは、XLIIとURのみ。画像には XLII-SやUD(IかIIかは不明)も出てるのに・・・
ここのパッケージデザインも渋いです。特にUR、日本のと同じグレードとはとても思えん(^^;)
http://www.maxell.com/Content/Pages/Page.asp?Section=Products&Department=Audio&Line=Cassettes ←このURLで入りにくい場合は、
http://www.maxell.com/Content/Pages/ から入って、一覧の「Products」〜「Audio」〜「Cassettes」からジャンプして下さい。
m@Mart(Web通販サイト)
海外には残っているが国内では全滅した製品を通信販売するという発想の草分けとなったサイト。上のUSA版XLIIが箱買いできます。
数量限定と言いつつ、未だにコンスタントに販売してくれているから凄い。こちらはクールなナイスガイといったところですか(^^)。
https://www.d-max.net/maxell-mart/
左の「商品カテゴリー選択」から「オーディオメディア」を選択するとジャンプします(マクセル本社のトップにもリンク有り)。

AXIA富士フイルム(アクシア/フジ)
世界屈指のフィルム・カメラメーカーであり、一大磁気テープメーカーでもある富士フイルムが母体。
元々は富士フイルム(FUJI)ブランドでカセットの製造もしていたが、'80年代前期に民生用AVメディア部門を
「富士フイルムアクシア」として独立、新たに"AXIA"ブランドとしてリニューアルした。語源はギリシア語の「貴重なもの」から。
最近、「富士フイルムイメージング」に社名変更した。'80年代の象徴的なブランドのひとつだっただけにちょっと寂しい。
トップページ右側に、スリムケース用のテンプレート(PSD形式)をダウンロード出来るコーナー有り。
http://axia.jp/index.html

Panasonic松下電器 (パナソニック/ナショナル/テクニクス)
言うまでもなく日本最大級の総合家電メーカー。音響機器でも古くから"Technics"ブランドを擁していた。
'80年代後期のCI政策で民生用AV機器は"Panasonic"ブランドに統一されてしまったが、高級感で劣る感は否めない。
昔から基本的にTDKのOEMだが、'80年代中期には自社製品(Anglom-DUシリーズ)と混在したラインナップもあった。
http://panasonic.jp/media/md.html

Victor日本ビクター
プロジェクト某で有名な、日本有数のAV機器メーカー。VHS規格の開発元。言うまでもなく米ビクターがルーツ。
カセットでは現在は見る影も無いが、'80年代にはほぼ自社開発のフルラインナップを持っていた。
http://www.jvc-victor.co.jp/media/consumer/audio/audiotp.html

DENON日本コロムビア(デ ンオン;後にデノン)
米コロムビアの日本法人をルーツに持つ、音響機器・音楽出版メーカー。コロムビア自体は日立グループ。
かつて吸収した電蓄の会社「電気音響」を略した「電音」=デンオンをブランドネームとした。社名は「日本コロムビア」のまま。
2001年にファンド会社に買収された際、音楽と機器部門が分離し、その際に読みが英語発音の「デノン」に改められた。
個性豊かな(豊か過ぎか?)カセットのラインナップを誇っていたが、'90年代より縮小、現在は完全に撤退している。
噂では、今でもディスカウント系ショップ向けに"VD-01"なる低価格タイプを流しているらしいが(取り扱いは別会社。HPにも無し)・・・。

That's太陽誘電(ザッツ)
日本でも知る人ぞ知る磁気材料メーカー。'80年代初頭に突如として高級音楽カセットに参入し驚愕を以て迎えられる。
それからはラインナップを拡大し、一時は先行各社に伍する程のラインナップを誇った。バブル期に超高級メタルを造ったりとか。
ある意味アクシアと並び'80年代を象徴するメーカー。'90年代初頭にこれまた突如としてカセット部門から撤退
現在はCD- Rメディアで有名(というか開発元)。そちらではかつてのTDKやマクセルのようなリファレンス的位置にあると言える。

Koncaコニカ(コニカ、マグナックス)
富士フイルムと並ぶ日本のフィルム・カメラ・磁気テープメーカー。CD-R等の光学ドライブメーカーとしても知られる。
旧社名は小西六工業。現在はカメラメーカーのミノルタと合併、コニカミノルタ・ホールディングスとなる。
'80年代中期までは自社開発の"Magnax"、"Konica"ブランドのフルラインナップを持っていたが、現在は撤退

3Mイメーション(3M/スコッチ)

かつての化学・磁気材料メーカーにしてメタルテープの開発元、米3Mのメディア部門が'90年代後期に独立したもの。現在は音楽テープからは撤退
3M時代のブランド"Scotch"に郷愁を憶えるオールドファン多し。 同社の医療用や工作用のテープまで"Scotch"なのは紛らわ しいけど(w。

QuantegyQuantegy/Ampex
(米)
かつての大手AV機器・メディアメーカーでもあった米Ampexの後継会社のようです。2ch筋の情報では自社生産らしいが・・・。
リファレンス級と思しきハイポジションテープ、"472"はハーフがThat'sのCD/IIFを流用しているようで、外見はそっくり、つか同じです。
http://www.quantegy.com/audio.asp

EmtecEMTEC/BASF(独)
かつてのドイツを代表する化学・磁気材料メーカーであり、クロームポジション(二酸化クロムテープ)の開発元でもあったBASFの後継会社。
オークション筋からの情報では、'90年代中期にBASFが一度倒産したらしく、再建後がEMTECとか。マークは同じですしね。
HPの画像では見にくいが、リファレンス級と思しきCS-IIはどうもDENONの初期GR-II等のパノラマ・ウィンドゥ・ハーフの流用に見える。
http://www.emtec-consumer.com/Products/

Philips Royal Philips(蘭)
言うまでもなく、コンパクトカセットテープ(デジタル/アナログ)及 びコンパクトディスク(CD)のパテントホルダー。
本社をオランダに置く、欧州でも最大級の総合電器メーカーです。日本の松下・東芝・日立・三菱のような感じかな。
現在ではカセットメディアの生産はやってないようです。日本でも'70年代後期以降、目撃例は殆ど無いようです。
ただ、もともとBASFがOEM供給していた(ハーフのBASF独自の機構=SMが共通)という情報もあり、松下とTDKのような関係だったのかも。
ttp://www.philips.co.jp/ (日本法人)
http://www.philips.com/index.html (Global Site;英語)